[ruby-trunk - Bug #7101][Open] 拡張ライブラリの質問

Issue #7101 has been updated by knu (Akinori MUSHA).

Status changed from Closed to Open
Assignee changed from sorah (Shota F.) to ko1 (Koichi Sasada)

これって何がどう直ったんでしたっけ。

現在の trunk や ruby_2_0_0 では拡張ライブラリをビルドするときにも -ansi -std=iso9899:199409
が付くようです。

Bug #7101: 拡張ライブラリの質問
https://bugs.ruby-lang.org/issues/7101#change-36312

Author: ko1 (Koichi Sasada)
Status: Open
Priority: Normal
Assignee: ko1 (Koichi Sasada)
Category: build
Target version: 2.0.0
ruby -v: trunk

ささだです.

trunk では,拡張ライブラリをビルドするとき,下記のようなオプションがつ
きます.

gcc -I. (snip) -Wall -Wextra -Wno-unused-parameter -Wno-parentheses
-Wno-long-long -Wno-missing-field-initializers -Wunused-variable
-Wpointer-arith -Wwrite-strings -Wdeclaration-after-statement
-Wimplicit-function-declaration -ansi -std=iso9899:199409 (snip)

-ansi -std=iso9899:199409 のあたりで,inline や // でのコメントアウト
を利用している拡張ライブラリがビルド出来ない感じです.
(inline については,ruby.h を include していれば適切に入れ替えられるん
ですが,ruby.h を include していない *.c をビルドする可能性もあり,そこ
でこけてる感じです)

これは,仕様でしょうか.ぎゃっという人は多そうなので,拡張ライブラリの
CC のオプションは,以前に外した方が良さそうに思いますが.

目の前でマンガを読んでいる須藤さんから

何とかしろと言われたのでご相談した次第です.


// SASADA Koichi at atdot dot net

This forum is not affiliated to the Ruby language, Ruby on Rails framework, nor any Ruby applications discussed here.

| Privacy Policy | Terms of Service | Remote Ruby Jobs