[ruby-trunk - Bug #5608][Open] make -j 16 sometimes fail

Issue #5608 has been reported by Tomoaki N…


Bug #5608: make -j 16 sometimes fail
http://redmine.ruby-lang.org/issues/5608

Author: Tomoaki N.
Status: Open
Priority: Normal
Assignee:
Category: build
Target version: 1.9.3
ruby -v: ruby 1.9.3p0 (2011-10-30 revision 33570) [x86_64-linux]

configureの後make -j 大きい数字でコンパイルすると時々失敗するようです。
make -j 16で3回やって2回失敗でした。
(試行の度にrm -fr ruby-1.9.3-p0して再度展開しています)

2回目に失敗した時のログでは、
/bin/mkdir: `…/…/.ext/common/dl’ exists but is not a directory
make[2]: *** […/…/.ext/common/dl] Error 1
make[2]: *** Waiting for unfinished jobs…
というエラーがでていました。

なお、テストした環境はCentOS 5.7 x64; rubyのバージョンはruby-1.9.3-p0です。

make -j Nをしなければ問題なく、影響は小さいと思いますが、
並列コンパイルを試みる人も増えると思いますので報告しておきます。

Issue #5608 has been updated by Yui NARUSE.

Status changed from Open to Assigned
Assignee set to Shota F.


Bug #5608: make -j 16 sometimes fail
http://redmine.ruby-lang.org/issues/5608

Author: Tomoaki N.
Status: Assigned
Priority: Normal
Assignee: Shota F.
Category: build
Target version: 1.9.3
ruby -v: ruby 1.9.3p0 (2011-10-30 revision 33570) [x86_64-linux]

configureの後make -j 大きい数字でコンパイルすると時々失敗するようです。
make -j 16で3回やって2回失敗でした。
(試行の度にrm -fr ruby-1.9.3-p0して再度展開しています)

2回目に失敗した時のログでは、
/bin/mkdir: `…/…/.ext/common/dl’ exists but is not a directory
make[2]: *** […/…/.ext/common/dl] Error 1
make[2]: *** Waiting for unfinished jobs…
というエラーがでていました。

なお、テストした環境はCentOS 5.7 x64; rubyのバージョンはruby-1.9.3-p0です。

make -j Nをしなければ問題なく、影響は小さいと思いますが、
並列コンパイルを試みる人も増えると思いますので報告しておきます。

Issue #5608 has been updated by Yui NARUSE.

Status changed from Assigned to Open
Assignee deleted (Shota F.)


Bug #5608: make -j 16 sometimes fail
http://redmine.ruby-lang.org/issues/5608

Author: Tomoaki N.
Status: Open
Priority: Normal
Assignee:
Category: build
Target version: 1.9.3
ruby -v: ruby 1.9.3p0 (2011-10-30 revision 33570) [x86_64-linux]

configureの後make -j 大きい数字でコンパイルすると時々失敗するようです。
make -j 16で3回やって2回失敗でした。
(試行の度にrm -fr ruby-1.9.3-p0して再度展開しています)

2回目に失敗した時のログでは、
/bin/mkdir: `…/…/.ext/common/dl’ exists but is not a directory
make[2]: *** […/…/.ext/common/dl] Error 1
make[2]: *** Waiting for unfinished jobs…
というエラーがでていました。

なお、テストした環境はCentOS 5.7 x64; rubyのバージョンはruby-1.9.3-p0です。

make -j Nをしなければ問題なく、影響は小さいと思いますが、
並列コンパイルを試みる人も増えると思いますので報告しておきます。

Issue #5608 has been updated by nobu (Nobuyoshi N.).

Status changed from Assigned to Closed


Bug #5608: make -j 16 sometimes fail
https://bugs.ruby-lang.org/issues/5608#change-32737

Author: tomoakin (Tomoaki N.)
Status: Closed
Priority: Normal
Assignee: nobu (Nobuyoshi N.)
Category: build
Target version: 1.9.3
ruby -v: ruby 1.9.3p0 (2011-10-30 revision 33570) [x86_64-linux]

configureの後make -j 大きい数字でコンパイルすると時々失敗するようです。
make -j 16で3回やって2回失敗でした。
(試行の度にrm -fr ruby-1.9.3-p0して再度展開しています)

2回目に失敗した時のログでは、
/bin/mkdir: `…/…/.ext/common/dl’ exists but is not a directory
make[2]: *** […/…/.ext/common/dl] Error 1
make[2]: *** Waiting for unfinished jobs…
というエラーがでていました。

なお、テストした環境はCentOS 5.7 x64; rubyのバージョンはruby-1.9.3-p0です。

make -j Nをしなければ問題なく、影響は小さいと思いますが、
並列コンパイルを試みる人も増えると思いますので報告しておきます。

Issue #5608 has been updated by Koichi Sasada.

Assignee set to Nobuyoshi N.


Bug #5608: make -j 16 sometimes fail
https://bugs.ruby-lang.org/issues/5608

Author: Tomoaki N.
Status: Open
Priority: Normal
Assignee: Nobuyoshi N.
Category: build
Target version: 1.9.3
ruby -v: ruby 1.9.3p0 (2011-10-30 revision 33570) [x86_64-linux]

configureの後make -j 大きい数字でコンパイルすると時々失敗するようです。
make -j 16で3回やって2回失敗でした。
(試行の度にrm -fr ruby-1.9.3-p0して再度展開しています)

2回目に失敗した時のログでは、
/bin/mkdir: `…/…/.ext/common/dl’ exists but is not a directory
make[2]: *** […/…/.ext/common/dl] Error 1
make[2]: *** Waiting for unfinished jobs…
というエラーがでていました。

なお、テストした環境はCentOS 5.7 x64; rubyのバージョンはruby-1.9.3-p0です。

make -j Nをしなければ問題なく、影響は小さいと思いますが、
並列コンパイルを試みる人も増えると思いますので報告しておきます。

This forum is not affiliated to the Ruby language, Ruby on Rails framework, nor any Ruby applications discussed here.

| Privacy Policy | Terms of Service | Remote Ruby Jobs