Fiber ignores ensure clause

Issue #595 has been updated by wanabe (_ wanabe).

File ensure_fiber2.patch added

ワナベと申します。

(1) GC で mark と sweep の間に、mark されていない Fiber を対象に
(2) ruby_cleanup 中に、メインスレッドに所属するすべての Fiber を対象に
(3) 子スレッド終了時(vm->living_threads から外されるとき)、所属するすべての Fiber を対象に
の 3 つのタイミングで、throw/catch により ensure 節を実行するパッチを書きました。

[ruby-dev:41035] で遠藤さんがおっしゃっているような「yield 中の Fiber は GC しない」
という手法もやってみたのですが、test/ruby/test_fiber.rb がとても終わりそうにないことや
Fiber のマーク処理の重さや Fiber 自体のメモリ消費量などにより、断念しました。
そのため上記(1)のように、rb_gc_marked_p() という関数が必要になるなど強引な手段を使っています。

また、以下のようにして速度低下を計ってみました。

require “benchmark”
GC.start
Benchmark.bm(4) do |x|
tms = Benchmark::Tms.new
10.times do |i|
tms += x.report(" #{i}:") do
30000.times do
Fiber.new{Fiber.yield}.resume
end
end
end
puts " sum:#{tms}"
end

素の r36623 :2.980000 3.120000 6.100000 ( 6.107164)
パッチ適用後:3.580000 3.480000 7.060000 ( 7.061093)

と、無視できない程度に(約 14%)速度低下してしまいました。
とはいえこれ以上の方法は思いつかないのですが、いかがでしょうか。

Bug #595: Fiber ignores ensure clause
https://bugs.ruby-lang.org/issues/595#change-28655

Author: ko1 (Koichi Sasada)
Status: Assigned
Priority: Normal
Assignee: ko1 (Koichi Sasada)
Category: core
Target version: 3.0
ruby -v: -

=begin
Ruby プロセス終了時,Fiber が ensure を無視します.
これは,前から直そうと思って手がついていなかった問題です.
10月末までには直そうと思います.結構複雑なので,後回しにしていましました.

fib = Fiber.new{
begin
Fiber.yield :ok
ensure
puts “should be print out”
end
}
p fib.resume
=end

$BAG$N(B r36623 $B!’(B2.980000 3.120000 6.100000 ( 6.107164)
$B%Q%C%AE,MQ8e!’(B3.580000 3.480000 7.060000 ( 7.061093)

$B$H!“L5;k$G$-$J$$DxEY$K!JLs(B 14%$B!KB.EYDc2<$7$F$7$^$$$^$7$?!#(B
$B$H$O$$$($3$l0J>e$NJ}K!$O;W$$$D$+$J$$$N$G$9$,!”$$$+$,$G$7$g$&$+!#(B

$B%Q%C%A$O$^$C$?$/8+$F$$$J$$$N$G$9$,!"B.$1$l$P$A$c$s$HF0$+$J$/$F$b$$$$$H$$$&<gD%$O(B
$B0UL#[email protected][email protected]=H>J,$H$+$9$4$$?t;z$K$J$i$J$1$l$P5$$K$7$F$b$7$g$&$,$J$$$s$8$c$J$$$G$7$g$&$+(B

こちら,返事が大変遅くなって済みません.

(2012/08/05 13:05), wanabe (_ wanabe) wrote:

(1) GC で mark と sweep の間に、mark されていない Fiber を対象に
(2) ruby_cleanup 中に、メインスレッドに所属するすべての Fiber を対象に
(3) 子スレッド終了時(vm->living_threads から外されるとき)、所属するすべての Fiber を対象に
の 3 つのタイミングで、throw/catch により ensure 節を実行するパッチを書きました。

[ruby-dev:41035] で遠藤さんがおっしゃっているような「yield 中の Fiber は GC しない」
という手法もやってみたのですが、test/ruby/test_fiber.rb がとても終わりそうにないことや
Fiber のマーク処理の重さや Fiber 自体のメモリ消費量などにより、断念しました。
そのため上記(1)のように、rb_gc_marked_p() という関数が必要になるなど強引な手段を使っています。

とりとめもなく3つほど.

(1) ですが,ファイナライザのように実行するのはどうかと思っておりまし
た.ただ,その場合,ちょっと管理が大変なんですよね.

あと,throw よりは,

#define eKillSignal INT2FIX(0)
#define eTerminateSignal INT2FIX(1)

この辺がいいのかなぁ,と思っていました.いや,むしろここを thorw にした
ほうが設計は綺麗かもしれませんね….現在のの実装は,絶対 catch 出来な
い,ってのを目指している感じです.

速度ですが,小崎さんが仰っているように,あまり気にしてもしょうがない,
という気もするのですが,例えば ensure 節でひっかける可能性があるか,とい
うチェックをするのは結構効くのではないかと思っています.

というのも,殆どの用途はガチで使っているわけじゃないと思うので,ensure
な処理を必要とする Fiber は,実は少ないのではないかと,

別の案としては,Fiber 生成時に「ensure ちゃんと処理して」フラグを新設
し,ガチで使う人(ensure をきっちり動かして欲しい人)はこれでやってね
(参考: http://bugs.ruby-lang.org/issues/6694),というのはどうだろう,
とか思うんですが,ちょっと手抜きしすぎでしょうか.

This forum is not affiliated to the Ruby language, Ruby on Rails framework, nor any Ruby applications discussed here.

| Privacy Policy | Terms of Service | Remote Ruby Jobs